狭小住宅は若い人に人気

土地の購入費用が安く済む

一戸建て住宅を購入するには、土地も必要になります。

都市部においては地価が高いため、土地を購入するということは若い人にとって大変なことです。

そのため、若い人はアパートやマンションなどに住んでいる人が多い傾向にあります。

しかし、それでも、一戸建て住宅に住みたいという若い世代の人から人気を集めているのが狭小住宅です。

狭小住宅は文字通り狭くて小さい住宅のことを指しますが、単に狭いだけでなく、さまざまな工夫を凝らすことで狭くても快適に過ごすことができる住宅のことです。

例えば3階建てにしたり地下室を設けたりするなどすることで、狭い土地であっても住宅の延べ床面積を広くすることが可能になります。

アクリル板を仕切りに使用することで、実際は狭くても開放感を得られるような工夫をしている狭小住宅も多いです。

通常の一戸建て住宅を建てられる土地を確保するのは難しくても、狭小住宅なら15坪以下くらいの土地に建設することができるため、若年層の人多との多くが注目しています。

 

狭さを利用してオシャレな作りにできる

住宅を購入する際には、単に居住スペースが確保できればいいというわけではなく、オシャレを楽しみたいと考えている人も多いでしょう。

狭小住宅の場合は、通常の住宅よりも狭いため、オシャレを楽しむ場所的余裕がないように見えますが、狭いからこそオシャレも楽しめる作りになっている狭小住宅も多く見られます。

例えば開放感を出すためにアクリル板やガラス板を仕切り板に用いるわけですが、単に狭い空間を寄り広く感じるようにするという効果だけに止まらず、オシャレにも見えると感じる人も多いです。

また、天窓から日光が入る角度に合わせて、インテリアを配置するといったこともできます。

通常の住宅の場合には天窓を設けるということはあまりないため、狭小住宅ならではのオシャレだと言えるでしょう。

狭いことが理由でできないこともありますが、逆に狭いからこそできることもたくさんあります、狭小住宅はそのようにポジティブな考えを持った若い人に人気があります。